交通事故の示談交渉は当事者間でも行うことは可能ですが、加害者と被害者の関係であり、感情が絡んでくるため、慰謝料などのお金をめぐり、言い争いになり、遅々として示談交渉が進まないということがよくあります。また、相手方が保険会社の担当者だと、その相手と対等に交渉するのは至難の業です。そのため、交通事故に巻き込まれた場合には弁護士に相談し、示談交渉をお願いするというのが賢明です。問題となるのは弁護士にお願いする際の費用です。実際いくらかかるのか、あまり分かっておらず、相談する前から弁護士に依頼することに二の足を踏む人もいます。弁護士費用の相場を知っておくことで、良心的な弁護士を見つけることにもつながり、自分のために頑張ってくれる人を探すことができます。

大きく分けて3つある弁護士費用の種類

一般的な弁護士費用として、大きく分けて3つのものがかかります。まずは相談料です。30分5000円が相場としているところが多く、その中で交通事故に関する資料などを持参し、示談交渉で賠償金のアップを勝ち取ることができるかどうか判断します。次に着手金ですが、いわゆる初期段階の活動費用となります。例えば、相手の保険会社との交渉に先立ち、時間をかけて準備をすることになりますが、その準備にかかるものだと考えておくといいでしょう。だいたい20万円ほどかかると言われています。そして、成功報酬です。賠償金のアップを最終的に勝ち取ると、アップした額の1割程度を成功報酬として支払うことになります。他にも裁判に発展した場合には裁判費用、印紙代などの実費もかかることがあり、最終的には数十万円以上になることがしばしばです。

着手金相談料が無料の弁護士費用の注意点

最近増えているのは、相談料も着手金もいらない、無料で着手してくれることを売りにする弁護士事務所です。交通事故の被害者の中には相談料や着手金が支払えない人もおり、そうした人に利用してもらうために無料で着手できる仕組みを設けたところが増えています。注意したいのは、相談料や着手金を支払わなくていい分、成功報酬のところで弁護士費用を回収しようとする点です。通常は賠償金アップ額の10%程度でしたが、この場合は20%程度に上がります。結果として通常より割高になってしまうことがあるため注意が必要です。とはいえ、賠償金がアップしてから費用が発生したほうが、たとえ割高になったとしても気軽に弁護士への依頼ができるため、まずは弁護士のところに赴き、相談してみることをおすすめします。

当社の対象エリアは千代田区有楽町周辺となっていますが、東京メトロ丸の内線の銀座駅より徒歩1分の場所にあるので、近郊からもお越し頂けます。 当事務所は交通事故を専門に取り扱っておりますが、法律相談会では紛争解決に関する専門家の意見を無料で聞くことができます。 保険会社は提示額を低く見積もっている場合が多い為、解決時の賠償金が増加することがあります。 交通事故の示談でお困りの方!交通事故専門の弁護士はこちら